圧倒的な集客力を誇るランディングページ制作

ランディングページとは?

ランディングページ説明

リスティング広告と呼ばれるランディングページと検索サイトの広告を組み合わせ圧倒的に高い集客力を発揮するランディングページ

ランディングページとは、検索結果や広告などをクリックしてユーザーが最初に訪れるページのことです。

リスティング広告と呼ばれる検索サイトの広告を組み合わせることで高い集客力を発揮します。

リスティング広告と呼びます

ランディングページへ

ランディングページ広告のリンク先

リスティング広告とは検索サイトに表示される検索結果の上部や右側に表示される「検索結果に似た広告」のことです。

広告のリンク先は自社サイトのトップページである必要はありません。

ランディングページでは検索キーワードが重要

それぞれの動機や目的に合致したランディングページを用意

LPOといいます

ランディングページを制作する際は、ランディングページに訪れるユーザーの目的を意識し、その目的に一致したキーワードを選定した上で、ユーザーの興味を引くランディングページを制作することが重要です。

費用対効果の高いランディングページ

集客ができるランディングページ

ランディングページを制作しユーザーが閲覧した場合、通常のホームページに比べ成約率が格段に高いと言われています。

また、ホームページに比べランディングページの方が安い料金で制作でき、ランディングページは効果測定や修正が容易なため、費用対効果の高い Web マーケティングが可能です。

LPの費用対効果の理由は

成約率が高い

安く作れる

改善しやすい

ゆえに!費用対効果が高い

LPのabテストとは

ランディングページAとB説明

ランディングページAとB

A案B案

成約率

テスト結果

ランディングページの A・B テストを行うことで、どちらのランディングページが集客できるか見えてきます。

A・B テストを繰り返すことで、より集客力の高いランディングページを制作することができます。

ランディングページを作った後もテストを繰り返し、より問い合わせを獲得できるランディングページに成長させることで広告の費用対効果を向上することができます。ランディングページは一度作成するだけでなく、弊社は改善を繰り返すことを推奨しております。

もっとくわしく知りたい

お問合せはこちら!!

Tel:03-6450-8129  E-mail:info@webxus.jp

ランディングページ成約率の高い理由

検索キーワードの違い

求めている情報の違い

ランディングページなら適切な情報を提供できる

ユーザーは気長には探してくれません

ホームページ閲覧の例1

LPの悪い例

LPにたどり着けず離脱

ホームページ閲覧の例2

いい例

LPの購入申込フォームへ

ランディングページなら「狙ったキーワードで検索したユーザー」を「狙ったページ」へ誘導することができます。

「狙ったユーザー」の興味を引く、購入や問合せをしたいと思う情報を分かりやすく記載したランディングページを制作することで成約率が高まります。

さらに!分かりやすく伝えられるLP

LPは魅力的な伝え方ができる

LPは読んで欲しい順序で伝えられる

LPは分かりやすいデザインにする

ランディングページを作る際は少しずつユーザーの興味を惹きつけ、先を読みたいと感じさせることが重要です。

また興味を持ったユーザーの疑問や不安を解決するコンテンツをランディングページ内に入れることで制約率が高まります。

伝え方・伝える順序・見せ方が少し変わるだけで同じランディングページでも問い合わせ数が大きく変わることもあります。

参考LPサイト

注意を引く

興味を持たせる

独自性を伝える

納得感を出す

説得力を持たせる

料金の不安を解決する

申込後のイメージをさせる

カンタンに問合せできるようにする

ユーザが求めている情報

分かりやすく伝えたい順序

分かりやすい画像で伝えられること

成約率が格段に上がります

ランディングページは通常のホームページに比べ、縦長で作られるという特徴があります。

縦長のランディングページにユーザーが知りたい情報が分かりやすくまとめられていることで上から順に読んでもらえます。

まずはキャッチコピーや画像で第一印象で興味を引き、分かりやすくメリットを伝え、根拠や裏付けの順で伝えることでユーザーが途中で読むのをやめてしまいにくいランディングページを制作することも重要です。

もっとくわしく知りたい

お問合せはこちら!!

Tel:03-6450-8129  E-mail:info@webxus.jp

ウェブザスがこれまでに制作したランディングページの一部をご紹介します。

ランディングページ制作実績

もっと見る

制作実績は一般公開を控えさせていただいているランディングページも多数ございます。

もっと多くのランディングページ制作実績をご覧になりたい方はお気軽にお問合せください。

お客様の声

株式会社NeRO様

●弊社に依頼する前にどんなことでお悩みでしたか。
料金の件です。どこの製作会社も軒並み最低20万円代~という事でしたので、その製作会社の今まで作ったページを見ながら、料金表とにらめっこの毎日でした。他には納期のこともありました。着手から1ヶ月くらいかかるところが多いのも悩みの種でした。
●弊社にHP制作を依頼した経緯をお聞かせください。
予算が30万円前後も取れないので「ランディングページ 格安」で検索したら上位表示されていたのが御社のページで、SEOだけではないと思いつつも、しっかりとこうして上位に表示されているということは、ウェブに関してしっかりとしたノウハウをお持ちであるのだろうと考えた為。
●HP制作の依頼を決めた決定打は何でしたか。
最終的には料金、そして担当者の藤原様と話をした時の直感でしょうか。最初は安くて良いと思ったものの、内心「安かろう悪かろう」になりはしないだろうかと思ったこともありましたが、いざ依頼してみると、想像以上に素晴らしい進捗管理とページの出来だったと感じています。
●出来上がったHPの印象はいかがでしたか?
文句の付けどころはないと感じています。今後、もし私が新規で資格などを取得することがあれば、またホームページへの項目の追加を依頼させて頂くかと思いますが、その時はよろしくお願いいたします。
●スタッフの対応はいかがでしょうか。
進行管理、細かい部分での対応、提案など全て良好でした。
●ご満足いただけなかった点がございましたらご指摘ください。
特にありません。
●今後のご要望・ご希望をお聞かせください。
特にありません。

キャトルレヴ様

●弊社に依頼する前にどんなことでお悩みでしたか。
やりたいことのイメージはずっと持っていましたが、社内に詳しいものがおらず、
どこに頼めばよいのかと困っていました。
●弊社にHP制作を依頼した経緯をお聞かせください。
ウェブザスさんのホームページを拝見し、問合せをさせていただいたところ、対応が良く、
他社に比べても料金が安かったのでお願いしました。
●HP制作の依頼を決めた決定打は何でしたか。
料金が安かったことと、丁寧にわかりやすくご説明いただけたことです。
●出来上がったHPの印象はいかがでしたか?
イメージしていたもの以上の出来栄えでした。
●料金は適正でしょうか。
他社にも見積りを取りましたが、適正以上だと思います。
●スタッフの対応はいかがでしょうか。
電話をしてご担当者様が不在でも、いつもすぐに折り返しお電話をいただき、とても良い対応でした。
●ご満足いただけなかった点がございましたらご指摘ください。
特にありません。
●今後のご要望・ご希望をお聞かせください。
他の商材・サービスで新たなサイトを制作することがあれば、必ずまたウェブザスさんにお願いします。

もっと見る

LP納品までのフロー

お見積りのご依頼後、
まずは制作したいランディングページに関して
打ち合わせ等でヒアリングさせていただきます。

ヒアリングした内容を元に制作する
ランディングページのお見積りと企画のご提案を
させていただきます。

内容にご納得いただければ、正式に
ご依頼いただきます。お断りいただいた場合も
執拗な営業等は行いませんので、ご安心ください。

ご入金確認後にトップイメージのイメージを画像で
ご提案させていただきます。制作したいイメージと
違う場合は再度ご提案させていただきます。

トップページのイメージに問題がなければ制作を
開始させていただきます。作成したランディング
ページはご納得いただけるまで修正いたします。

制作が完了したらランディングページを納品させて
いただきます。ご要望に応じてサーバー上に直接
アップロード、もしくはデータで送付いたします。

なんと98,800円から

LP制作 他社との比較

A社 B社 ウェブザス
初期費用 \315,000 \105,000 \98,800
画像加工 別料金 別料金 無料
最短の納期 30営業日 20営業日 10営業日
掲載内容の相談 ×
打合せ 対面・電話・メール ---メールのみ--- 対面・電話・メール

イメージ通りのデザインで出来上がるか不安・・・。そんな方も安心ください。

ご発注後は制作前にまずトップページをデザインいたします。

印刷時にA4サイズ1ページ分程度ランディングページのデザインを作成いたします。

ランディングページのデザインがイメージに合わない場合は

ご納得できるデザインが決定してから制作開始

ランディングページの効果はデザインも大きく影響します。

納得できるデザインでランディングページを作りたい方もウェブザスのランディングページ制作なら安心です。

もっとくわしく知りたい

お問合せはこちら!!

Tel:03-6450-8129  E-mail:info@webxus.jp

LP制作オプション

リスティング広告の初期設定・運用代行

フォームからのお問合せを増やしたい

EFO(エントリーフォーム最適化)

重要です。

※ お問い合わせフォームの質でもランディングページの問い合わせ率は変わります。

EFOを体感

郵便番号を入力して、住所自動入力をクリックして見て下さい。
自動的に住所が途中まで挿入されます。

2下記のような状態で送信ボタンを押して見て下さい。
どのように入力が間違っているかエラーメッセージが表示されます。
・必須項目に記入しない
・フリガナの欄に漢字を入れる
・郵便番号や電話番号に日本語やアルファベットを入れる

EFO対応のお問合せフォームはこちら

LP制作オプション

リスティング広告の初期設定・運用代行

リスティング広告と呼びます

ランディングページへ

ランディングページ広告のリンク先

リスティング広告の良い点

情報を求めているユーザーに対して関連性の高い広告がだせる

必要なキーワードだけに広告を出すことができる。

 

広告を出稿するキーワードとランディングページの関連性の高さも取り合わせ率が決定する大きな要素です。

リスティング広告に最適なキーワード設定をすることでランディングページの制約率を高めることができます。

 

ランディングページの内容にマッチするキーワードに絞ることで制約率は高まりますが、キーワードを絞ればその分検索数は少なくなります。

そのため、目標とする問い合わせ数とかけられる広告費のバランスを考慮し、最適なキーワードを設定を行う必要があります。

39800

■ ランディングページのメリット

ランディングページを用意することで既存サイトのデザインや情報に縛られることなく自由に表現することができます。

広告から誘導されたユーザーは当然広告にあった情報を求めているため、ナビゲーションメニューや言ってしまえば企業のロゴですら「邪魔な情報」となります。これらを全て省き、伝えたいものだけを伝えることが可能です。

情報が絞り込んであるということは余計なものを見ずにスムーズに情報が得られるため、ユーザーにとっても助かります。広告をクリックしたはいいが、その広告の情報がどこにあるのか見つけることができない状態だと広告費用は単なる無駄な経費となってしまいます。

ランディングページを効果的に使用し、必要十分なコンテンツをランディングページに掲載することが重要です。

■ ランディングページのデメリット

ランディングページは訴求力のある分かりやすいページにするため、ほとんどのランディングページは画像で内容を伝えます。

そのため、画像のコンテンツが多くテキストのコンテンツが少なくなりがちですが、画像はテキストよりも SEO で評価されづらいという側面もあります。

「分かりやすいランディングページ=訴求力が高い」反面「テキストが少ない=検索サイトで上位表示されづらい」ため、コンバージョン率は高いがアクセス数は少ないといったランディングページでは意味がありません。

そこでアクセス数を確保するために広告と上手く組み合わせるでランディングページの強みを活かし、弱点を補うことができるため、集客力を高めることができます。

もっとくわしく知りたい

お問合せはこちら!!

Tel:03-6450-8129  E-mail:info@webxus.jp

最適なランディングページを制作するには様々な要素の検討が必要なため専門家でない方が作成する場合、膨大な時間と手間がかかる上に効果を出す事が困難です。ご相談は多数のランディングページ制作経験のある弊社のスタッフにお気軽にご連絡ください。スマートフォンやフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)などアクセスデバイスに応じて表示する内容を変更するマルチデバイス対応も可能です。

 

会社概要

上に戻る